2015年07月27日

Rock

 さてと・・・
久しぶりに、このブログのコントロール画面を開きました。

日々の起こる出来事と、商品紹介をいつもくっつけてブログ書いてますんで、はっきり言ってこのブログページいらないんじゃないか?
と・・思ってしまうのですが(笑)
近頃、気持の余裕が出来たのか?様々な遊びにお客様を付き合わせて・・・否 付き合ってもらって、日々を過ごしておりまして。

やっぱり、こちらで私達の日常を表現しようかな?って思ってPCに向かいました。

2015年7月も8月も、MUSHMANSの営業とは関係の無い領域でイヴェントが満載。
勿論、営業の中でのイヴェントも盛り沢山の中で、正直身体が何体あっても足りない状態。
それでも、俺達は生きる為の遊びを追求して行こうと、、、訳のわからない文章をツラツラと。

さあ、さあ。

今日は毎年恒例になった7月のイヴェントを綴ります。


2015年7月24日(金)
社員研修という事で臨時休業をいただいたこの日。
毎年恒例の『FUJI ROCK Fes』に。
始めは2名から始まった平日金曜日の行事も、今年で4回目となり参加人数も12名と大所帯のイヴェントとなった。

_7240001.JPG
バカでかいハイエースをチャーターして。
苗場へ向かう。

_7240028.JPG
ブルータイガーの一行がPAを闊歩。

_7240009.JPG
何故か恒例となった、ネタの仕込みもあり。
まさに悪乗りの様相を呈する。

_7240025.JPG
悪乗りの代表格。

_7240030.JPG
でかいハイエースでも、結局乗り切らないのでアルファロメオが追従するかたちに。
この車、何故かボンネットがビショビショ。

_7240056.JPG
恒例の集合写真。
ブルータイガース。

雨のFuji Rock 有名な話だ。
この日の降水確率50%。
到着時の路面は濡れていたが、俺達は絶対に降られない。
絶対にだ。

_7240066.JPG
何回来てもテンションが上がる。

_7240181.JPG
そして、恒例の小川に到着。

_7240084.JPG
そして、恒例のダイブが。

IMG_2351.JPG
角度を変えて見てみよう。
悪乗りの代表格。健在。

IMG_2353.JPG
木々に囲まれたステージで。
スコッチを片手に、身体で音を感じる、最高の贅沢。

IMG_2326.JPG
雄大な自然の中で
エレクトリックな音を感じる。
不協和音?
そんな事は無い。
感じるだろパワーを。


_7240347.JPG
ヘッドライナーを待つためのベースキャンプを設営。
CHA氏の悪乗りが始まる。
皆も徐々に暖機運転。

_7240358.JPG
一通り、食って、飲んで、騒いだブルータイガース。
ブルーシートの上で、ぐったり。

IMG_2337.JPG
見上げると、そこには空があり。
圧倒的なパワーを感じる。

_7240382.JPG
日が落ち。
そこには宇宙人。

_7240453.JPG
そして、ヘッドライナーの登場を待つ。

3年半も前の話だ。
俺達はこの日と同じように、こいつらの来日を心待ちにしていた。
キャンピングカーまで手配して、こいつらのライブに仙台まで出張る予定だった。
来日一週間前、最高にエキサイティングな一週間だった。
テンションがMAXになりかけるちょっと前・・
突然来日公演がキャンセルになった。
それから間もなくして、活動停止が発表される。

こいつらのライブは凄まじい
二時間以上の長丁場でも、スタートからエンディングまで全開だ。
だから大好き。
ライブだけじゃない、全てにおいて全開な姿勢が最高にCoolだ。

だから、俺達のMUSHMANSバンドでも、最高にCoolなヤツらの曲を何曲もコピーした。
やってわかった、最高にCoolだけど、最高にパワーを消耗する曲ばかりだった。

俺達のライブ直前、こいつらの活動再開とニューアルバムリリースが決定。
最高にエキサイティングだった。

そして、やっと。
本当に待っていた、こいつらがFUJI ROCKに。
ラインナップが発表された時、正直震えがきた。

皆で一生懸命、一年近くかけて練習したバンド。
本物が直後に来るなんて思ってなかったから。

そして、この日が近づいた6月12日
スエーデン公演中
フロントマンがステージから落下し骨折。

俺達は呪われているのか?
と、俺も皆もそう思った。

また来日キャンセルか?

ところが、そんな心配は無用だった。


_7240468.JPG
『Foo Fighters』

未だギブスの取れないフロントマン"デイブ・グロール"は自身でデザインした
UFOさながらの椅子?に座った状態で現れる。
まさにFoo Fighterだ。
何故かって?





もちろん、MOSH PIT最前線へ。
うちのスタッフにも、今回ばかりは 骨折覚悟 で暴れてくると宣言。

ちょうど俺達が陣取った付近の動画がユーチューブにUPされていたので貼ります。
この臨場感は最高。



IMG_2350.JPG
骨折しているとは思えない。
いや、骨折しているからこそのパフォーマンスなのか?

IMG_2352.JPG
最高のROCK SHOWが目の前で繰り広げられた。

10.jpg
この前の週はレインボーさんのイヴェント。
その後一週間バタバタと働き、前日も殆ど寝てない状態で苗場まで運転。
一日中歩き回って、21時過ぎのヘッドライナー登場。
多分、普通な状態だったらヘトヘトで動けないハズなんだよ俺。
でも、二時間以上暴れまくった。叫んで、歌って、踊った。
もう身体ぶっ壊れてもいいやっ てぐらい。
多分皆も同じだったと思う。

待ってたんだよ三年半。

最高のShowが終わる。

CKr1h4JUYAAyIz9[1].jpg
数万人のオーディエンスへ向かうFooFighters。
この時、クリス・シフレットの投げたピックが俺の所に飛んできた。
スゲー勢いでキャッチしてやったよ!

DSC_4365.JPG
こんなに薄いピック使ってんだ!ってのが最初に思った事。
そっから、ピックが降ってきた奇跡に震えがきたよホントに。
※MUSHMANSに展示してます※




IMG_2355.JPG
社員研修っていうのは、あながち間違いでも嘘でも無いんだ。
俺達のやってる仕事って、洋服売るだけが仕事じゃない。
うちの店に、都心部でも無いわざわざ埼玉の越谷に来ていただくんだぜ。
洋服レジ通過させて渡すだけなんて最悪じゃん。
エンターテイメントなんだよ、俺達の扱うアイテムを販売する事自体が。
だから、スターを見に行くんだ。
それを見て熱狂するんだよ、自分自身がさ。
そしたら解るだろ、熱狂する事の楽しさと大切さが。
それを出来る限り持って帰ってくるんだ。



今を全開で生きる。
先があるから今を生きる。
先が見えてなかったら、今も生きられない。
後先考えないんじゃない
もしかしたら長い人生かもしれない
もしかしたら、あと少しの人生かもしれない
でも、どっちにしたって先の話だ。
先が見えてるから
全開で生きる。
後先考えて
全開で生きる。

それが俺たちのやり方だ。



そして・・

俺達の夏は
死ぬまで続く。














【DAYSの最新記事】
posted by Fujita at 17:37 | Comment(0) | DAYS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。