2014年05月12日

aLive

There’s something just as inevitable as death. And that’s life.

by Charles Spencer Chaplin


10ヶ月。放置。
10ヶ月。保管?



決算処理も終わり、新たなスタッフもある程度戦力になり、少し落ち着いてきたところで そろそろ再び動かそうという事でお付き合い下さい。




今日は非常に短めに纏めます。











さて。


冒頭の言葉。
かの、チャールズ・チャップリン氏の名言。

There’s something just as inevitable as death. And that’s life.
死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。


いかにも。





歩き続ける必要がある。
それは避ける事の出来ないことであるからして。









残る俺たちは、さあ、歩きましょうか。







『WALK』
by Foo Fighters

A million miles away
Your signal in the distance
To whom it may concern
I think I lost my way
Getting good at starting over
Every time that I return

Learning to walk again
I believe I've waited long enough
Where do I begin?
Learning to talk again
Can't you see I've waited long enough
Where do I begin?

Do you remember the days
We built these paper mountains
Then sat and watched them burn
I think I found my place
Can't you feel it growing stronger
Little conquerors

Learning to walk again
I believe I've waited long enough
Where do I begin?
Learning to talk again
I believe I've waited long enough
Where do I begin?

Now
For the very first time
Don't you pay no mind
Set me free again

You keep alive a moment at a time
But still inside a whisper to a riot
To sacrifice but knowing to survive
That first decline another state of mind
I'm on my knees, I'm praying for a sign
Forever, whenever
I never wanna die
I never wanna die
I never wanna die
I'm on my knees
I never wanna die
I'm dancing on my grave
And running through the fire
Forever, whatever
I never wanna die
I never wanna leave
I'll never say goodbye
Forever
Whatever!
Forever
Whatever!!

Learning to walk again
I believe I've waited long enough
Where do I begin?
Learning to talk again
Can't you see I've waited long enough
Where do I begin?

Learning to walk again
I believe I've waited long enough
Learning to talk again
Can't you see I've waited long enough





100万マイル先
お前のシグナルは遥か彼方だよ
関係者のみんな

俺は道を見失ってしまったのかもしれない
やり直すのが上手くなるよ
いつもここに戻る度に

もう一度歩き出して学ぶんだ
充分すぎるほど待ったはずだ
さぁ、どこから始める?
もう一度口を開いて学ぶんだ
分かるだろ?待つのはもう充分だ
さぁ、どこから始める?


あの日を覚えているかい?
俺たちは紙の山を築き上げて
燃えて行く様を座って眺めていた

自分の居場所を見つけように思えたよ
強くなったように感じるだろ?
小さな征服者たちだ

もう一度歩き出して学ぶんだ
充分すぎるほど待ったはずだ
さぁ、どこから始める?
もう一度口を開いて学ぶんだ
分かるだろ?待つのはもう充分だ
さぁ、どこから始める?


今だ!
最初の一歩のために
くだらない考えは捨てろ
もう一度自由に

生きろ、今この瞬間を
心が小さな反抗を起こしたとしても
犠牲にすればいい、それが生き残る術
最初の決意が、新たな精神状態を呼び込む
ひざまずき、光が差し込むまで祈るんだ
永遠に、いつだって
死んでたまるか

死んでたまるか
死んでたまるか
自分に忠実に
死んでたまるか

自分の墓で踊って
火の中を走り回ってやる
永遠に、いつだって
死んでたまるか

絶対にここを離れない
さよならなんか言わない
永遠に、いつだって!
永遠に、いつだって!!


もう一度歩き出して学ぶんだ
充分すぎるほど待ったはずだ
さぁ、どこから始める?
もう一度口を開いて学ぶんだ
分かるだろ?もう充分すぎるほど待ったんだ
さぁ、どこから始める?

もう一度歩き出して学ぶんだ
充分すぎるほど待ったはずだ
もう一度口を開いて学ぶんだ
分かるだろ?待つのはもう充分だ








何回やったんだよ、コレ。

みせてやるからな!

待ってな!



以上










posted by Fujita at 19:10 | Comment(0) | DAYS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。